発毛治療のことならクリニックにお任せ【猪突毛進】

脱毛の進行の仕方

後ろ姿

AGAの多くがM字ハゲだといわれていますが、必ずしもM字型に脱毛が進行するとは限りません。A型やU型、O型といったさまざまな形で脱毛が進行することもあります。A型やU型とは、おでこの生え際から徐々に頭頂部に向かって脱毛が進行していくものです。おでこが広くなったと感じた場合は、このA型やU型の脱毛が進行しているといえます。東洋人の多くがこの形で脱毛が進行していくといわれています。脱毛は遺伝子も関わってくるので、このように人種によっても脱毛の進行する症状が異なるのです。また、白人に多く見られるM字型は、おでこの左右剃りこみ部分から頭頂部に向かって脱毛が進行していきます。前髪や両サイドの髪の毛で隠れるため、初期症状では自覚しにくいとされています。白人に多いと紹介しましたが、若い頃の剃りこみを入れていた人もそれに沿ってハゲてしまうともいわれています。そのため、私たち日本人でもM字型に脱毛が進行してしまう人が多くいます。

もっとも自覚しにくいのがO型の脱毛症です。O型は別名ザビエル型ともいわれており、頭頂部から徐々に脱毛が広がっていくというものです。頭頂部は自分では見えないことから、人に指摘されるまで気づかないという人が多く、その頃にはすでに症状が深刻化していることが多いのです。薄毛や抜け毛が目立つまで気づかないということから、恥ずかしい思いをし悩む人が多くいます。しかし、髪の毛が残っている部分がある場合、その毛を薄毛が目立つ部分に移植する発毛治療を受けることができます。手術によって自分の毛を取り戻すことができるので、もう「ハゲ」といわれて傷つくことも、恥ずかしい思いをすることもなくなるのです。また、その他にも発毛治療には、育毛剤を使用したものや生活習慣を見直す指導を交えたものなどさまざまな方法があります。特に頭頂部の脱毛は生活習慣が大きく影響していることから、専門の医師やプロによるアドバイスで改善を図ることができます。薄毛や抜け毛の進行症状に応じた発毛治療を受けることでどのような人でも強くて太い毛を取り戻すことができるのです。